• 式場を場所で選ぶ
  • 式場選びのコツ
  • 式場選びのコツ その2
  • ウェディングの二次会
  • 人気の式場ランキング

ウェディングの二次会

一生に一度だけの素敵なウェディングで最高の時間を過ごし、皆さんが幸せな気分になってめでたく終了すると、次に二次会が待っています。ウェディングの後は大体二次会がありますが、二次会ではありますが二次会もウェディングの大切なプログラムですので、二次会も最高に盛り上がりたいですね。ウェディングの二次会ではどんなことをするか、プログラムなどをお話しましょう。

いろいろな行事で登場する二次会ですが、ウェディングの二次会はどんな二次会が行われているのでしょうか?スケジュールやプログラムなどについてご紹介しましょう。二次会の幹事を任されている方も是非参考にしてみてください。

二次会はまずテーマから決める

まずウェディングの二次会で重要なのはどんな二次会のイメージにするかテーマを決めることです。新郎新婦からどんな二次会のイメージにするかあらかじめ確認をとっておき、そのイメージに合わせて二次会の場所やプログラムを考えていきましょう。ウェディングのイメージのまま二次会も同じイメージで行うのも良いですし、ウェディングと全く逆のイメージで二次会を行うのも新鮮で楽しいかもしれませんね。かしこまった感じの雰囲気で新郎新婦とお話する機会が無いような結婚式なら明るく楽しく皆でワイワイできる二次会だとかなり盛り上がりそうですね。

二次会のイメージが固まったら、二次会の人数も固めておきたいですね。結婚式が終わって気分が変わって二次会に行きたくなる人もいればそのまま帰る人もいるかもしれませんので、二次会の人数を予め決めておくのは難しいかもしれません。なので、ある程度の目安となる人数を決めておくくらいで良いでしょう。そこから人数がある程度増減しても問題ないようにしておくと良いでしょう。

二次会の場所選び

肝心の場所選びですが、新郎新婦の希望の場所があればそこを中心にして考えて、人数や時間、地理的な状況などを考慮して決めていくと良いでしょう。ウェディングの二次会の場所選びは基本的に結婚式の式場選びと似ています。二次会の場所選びの際に、ウェディングの二次会だとお店の人に伝えれば、そのお店のサービスをしてもらったりすることもあります。大人数の二次会ですから、何も言わずに予約を取るよりもなるべくウェディングの二次会だと伝えておくのがマナーです。場所が決まれば次は招待状ですね。これも結婚式と一緒です。招待状はリストの全員に送りますが、期間が短いなどの場合にはメールや電話で二次会の連絡を行います。その他の方法として、結婚披露宴のテーブルに招待状を配っておくというのもあります。

ウェディングの二次会では一人で行いきれるものではありません。二次会の受付、司会進行、カメラやビデオの撮影などなどたくさんの人手が必要になります。二次会はウェディングの続きだと考えておきましょう。誰が何をやるか役割分担はしっかり決めておきましょう。

二次会の定番の流れ

ウェディングの二次会ではどんなことが行われているのでしょうか?二次会によっていろんなゲームなどが企画されていますが、基本的な流れは結婚披露宴と似たような流れになっていて、司会の挨拶から始まり、スピーチやメッセージビデオやお料理、フリータイム、ゲームなどが行われ、二次会終了といった流れです。二次会のゲームで人気なのは、ビンゴゲーム、じゃんけん大会、クイズなどが定番ですね。他にも独特の面白いゲームが企画されたりしますので、二次会のお楽しみでもありますね。基本的に美味しいお酒やお料理を食べて盛り上がるのが二次会です。

披露宴ではあまり自由に動けなかった新郎新婦も、二次会ではたくさん盛り上がって最高の二次会にしましょう。

結婚式場・結婚式の総合情報|ゼクシィ

check

最終更新日:2014/12/10